お試しセット送料込み600円

ごぼう茶を毎日利用すると糖尿病の予防、改善に役立つ

ごぼう茶は現代において爆発的に増えている「糖尿病」の予防、改善に役立つというデータがあります。ごぼう茶には豊富な食物繊維が含まれていることや、抗炎症作用、抗酸化作用などがあることによって血糖値を安定させます。

 

糖尿病は悪化すると腎不全や網膜症、下肢の壊死、心臓病、ガンなどのリスクを高めてしまうので、早期に改善しておかなくてはなりません。

 

食物繊維によって血糖値を抑制するごぼう茶の効果

 

ごぼう茶には摂取するとゲル状になり、後から入ってきた食べ物の吸収スピードを遅くすることができる「イヌリン」が豊富に含まれています。血糖値の上昇は糖が急激に取り込まれることによって生じることが多く、糖の吸収スピードを遅くすることでインスリンの分泌が追い付き血糖値の上昇を抑制させることができます。

 

先ほど説明した通り、ごぼう茶に含まれているイヌリンには食べ物の吸収をゆっくりにする働きがあることから、血糖値の上昇を防ぐことができます。食事の前にごぼう茶を飲用することと、食事はゆっくり食べるようにすることを守るようにします。

 

ごぼう茶の抗炎症作用が血糖値を安定させる

 

ごぼう茶に含まれているアクチゲニンには抗炎症作用があります。この抗炎症作用によって、膵臓や肝臓、胃腸などに生じる炎症が抑制されることにより、血糖値の上昇を防ぐことができます。

 

肝臓に炎症があれば肝機能に問題が生じて糖の貯蓄機能に問題が生じ、膵臓に炎症が引き起こされればインスリン及びグルカゴンの分泌がアンバランスになります。胃腸に炎症があると消化吸収に問題が生じます。

 

いずれの場合も血糖値のアンバランスを生じさせ糖尿病の原因になります。炎症はアルコールやストレスなどによって生じる場合が多く、症状や検査によって分かる場合もあれば、全く分からないケースもありますので、飲酒やストレスがある場合には、ごぼう茶が改善に役立ちます。

 

ごぼう茶の抗ストレス作用が血糖値を安定させる

 

ごぼう茶には抗ストレス作用によって血糖値を安定させるという作用があります。ストレスは血糖値を上昇させるアドレナリンの分泌を高めるので、ストレスを感じている間は血糖値が高い状態が続きます。

 

一過性なら問題ありませんが、慢性的となると血糖値が高い状態が続き糖尿病が発症します。ごぼう茶には抗ストレス作用のあるジンセノサイドという成分が含まれています。

 

ジンセノサイドにはアドレナリンの過剰分泌を抑制するという働きにより、ストレス状態を改善します。ストレス耐性をアップさせる働きもあるので、各種精神疾患の予防にも効果的です。

 

その他、糖尿病の改善に役立つこと

 

糖尿病の多くは消費カロリーよりも摂取カロリーが多いことによって発症します。よって、まず第一に食べる量を減らし、体を動かして筋肉を使うということを行うようにします。その時、ビーマンワン指数を意識して特に夕方以降はカロリーの摂取を減らすように意識するようにします。

 

更に、飲酒やストレス、肥満などによっても糖尿病は引き起こされるので、飲酒量を減らし、ストレスはなるべく早く改善する、体重を適正体重になるようにするなど、自分自身をコントロールしていくことも大事になります。

 

今は糖尿病を発症していなくても、過食の傾向がある方は将来糖尿病を発症する可能性が高いので、なるべく過食を改善する、肥満を改善する、濃い味付けを改善する、食事の順番を意識する(野菜から食べる)、運動を日課とする、夕方以降は食事の量を減らすなど、糖尿病対策を意識した生活を行うようにしなければなりません。

『お試し商品があるごぼう茶』は、こんな方におすすめ

 

 

  • ごぼう茶を飲んだことがない方
  • ごぼう茶の味が心配な方
  • 副作用が気になる方
  • 今まで飲んだごぼう茶よりもおいしいごぼう茶を飲みたいという方

 

美容に、健康にとおすすめしたいごぼう茶ですが、味が心配という方も多いはず。おいしくないものは続けられないですよね。そこで、様々な商品の中でも、『おためし商品』があるごぼう茶を管理人が独断と偏見でランキングにしてみました。

 

価格も600円から1,000円と利用しやすいものばかりなので、気軽にお試しできます。そして、利用者の良い口コミ・悪い口コミも紹介しているので、選ぶ基準として参考にしてみて下さい。

 

ごぼう茶おすすめランキングはこちら

スポンサードリンク