お試しセット送料込み600円

ごぼう茶を利用するタイミング、服用量

ごぼう茶

 

ごぼう茶を利用したいけどどのくらい飲めばいいのか分からない…。いつ飲めばいいの?など、飲む量や飲むタイミングについての疑問にお答えします。その他、ごぼう茶について分からないであろう疑問についてもご紹介していきます。

 

ごぼう茶を飲む量

 

ごぼう茶は健康食品として販売されている場合と、自分で作る場合とがあります。まず健康食品として販売されている場合ですが、この場合は、商品に記載してある服用量を守るようにします。まずは1日1回から試して下痢や腹痛などがなければ、記載してある服用量に合わせて増やしていくようにします。

 

次に自分で作る場合ですが、この場合は乾燥があまり進んでいない場合には1回10g程度を500g程度の湯で煮出すようにして、それを冷ましたものを1回100ml程度を1日1〜3回利用するようにします。十分に乾燥したものに関しては、1〜3gを同じく500mlの湯で煮出すようにして利用します。

 

ノンカフェインで栄養も豊富なためどんどん飲みたいという気持ちはわかるのですが、やはり過剰摂取には注意が必要です。飲む量は守って利用しましょう。

 

ごぼう茶を飲むタイミング

 

便秘の改善として利用する場合には就寝前又は就寝の1~2時間前に飲用します。その他、高血圧予防や血流改善、老化防止などの目的で利用する場合には、朝晩食事の前に利用するようにします。

 

胃炎や口内炎などの改善目的で利用する場合には食間に利用します。糖尿病の予防として用いる場合には食事の直前(夜は必ず)に利用します。その他は特に制約がないので自分のタイミングで利用するようにして下さい。

 

ごぼう茶の副作用

 

特に重大な副作用などの報告はありませんが、サポニンという成分を多く含んでいるので、人によっては下痢や腹痛が生じることがあります。サポニンは野菜などに多く含まれている成分で、胃腸の粘膜を刺激するという作用があります。よって、胃腸が敏感な方は注意した方がいいでしょう。

 

ごぼう茶を利用する際に注意すべきこと

 

先ほど説明したように、腹痛や下痢などに注意する必要があります。その他、ごぼう茶はデドックス効果が強いので、下痢しやすい方や頻尿の方は症状が悪化することがあるので注意が必要です。

 

また、過労や病中病後などで体力が低下している方が利用すると、更に体力を低下させてしまうことがあるので、体力に自信がない方は慎重に利用するようにしなければなりません。

 

関連記事:ごぼう茶が適さないケース・副作用・注意点を確認

 

ごぼう茶が適応になる体質

 

ごぼう茶はデドックス効果が強いという特徴があるので、体に老廃物や不要物が溜まっている方に適応になります。適応となる症状としては肥満体質、内臓脂肪、脂質異常症、高血圧、高血糖、便秘、むくみ、吹き出物が多い、血液が汚れている、代謝が低下しているなどになります。

 

現代人は食べ過ぎといった症状を伴う方が多いため、ごぼう茶の適応者はかなり多く、ごぼう茶にはたくさんの美容効果・健康効果が期待できるため人気です。

 

関連記事:ごぼう茶の栄養成分・効果・効能について

 

逆に、先ほども説明しましたが、体力に自信のない方、栄養不足の方、胃腸が弱く太れない方、先天的な虚弱体質の方、冷え性で痩せ型の方、病中病後など、体力が低下傾向の方はごぼう茶は向かないので控えるようにします。

 

ごぼう茶の飲用をやめるべき症状

 

ひどい腹痛や下痢、湿疹が増える、めまいがする、食欲がなくなる、イライラして不眠傾向になる、アレルギー症状が出るなどの不快症状が出た場合には合っていないと思われますので飲用を中止するようにします。

 

その他、合っていないと様々な不快症状が出るので、先ほどの症状以外が出た時にも控えるようにします。

『お試し商品があるごぼう茶』は、こんな方におすすめ

 

 

  • ごぼう茶を飲んだことがない方
  • ごぼう茶の味が心配な方
  • 副作用が気になる方
  • 今まで飲んだごぼう茶よりもおいしいごぼう茶を飲みたいという方

 

美容に、健康にとおすすめしたいごぼう茶ですが、味が心配という方も多いはず。おいしくないものは続けられないですよね。そこで、様々な商品の中でも、『おためし商品』があるごぼう茶を管理人が独断と偏見でランキングにしてみました。

 

価格も600円から1,000円と利用しやすいものばかりなので、気軽にお試しできます。そして、利用者の良い口コミ・悪い口コミも紹介しているので、選ぶ基準として参考にしてみて下さい。

 

ごぼう茶おすすめランキングはこちら

スポンサードリンク