お試しセット送料込み600円

ごぼう茶の咳、痰を改善する作用

舌炎をごぼう茶で改善

ごぼう茶には咳や痰を改善するという働きがあります。ごぼうの種であるゴボウシは咳止めや喉の痛みに使われる銀翹散(ギンギョウサン)などの漢方薬にも使われています。

 

ごぼう茶には炎症やむくみを改善する働きがあり、この作用により咳や痰を改善します。その他抗菌作用などもあるので、咳や痰の原因となる風邪を予防する効果も期待することができます。

 

ごぼう茶が持つ抗炎症作用が咳、痰を改善する

 

ごぼう茶には抗炎症作用を持つアクチゲニンが含まれています。このアクチゲニンによって喉の炎症が改善され、炎症が原因となって発生する咳や痰を治します。アクチゲニンは炎症関連物質の分泌を抑制して抗炎症作用を発揮します。

 

その他、炎症反応を激化させる原因となる活性酸素も抑制する働きもあることから、相乗効果で炎症を抑制させます。このような働きにより、風邪などによる比較的急性的な咳、痰に対して適応となります。

 

ごぼう茶の利水作用によって咳を鎮める効果

 

ごぼう茶には優れた利水作用があります。細胞に働きかけて余計な水分を血液中に戻してむくみなどを改善する働きや、尿量を増やして体全体に停滞している余計な水分を排出させるなどの働きがあります。

 

この利水作用が喉周辺のむくみを改善して咳や痰を改善します。このような働きがあるので、痰が多い咳や湿った咳がある場合に適応になります。しかし、頻尿になってしまう、空咳がひどくなり不快といった場合には合っていない可能性があるので、様子をみながら使用するということが求められます。

 

抗菌作用によって咳を鎮めるごぼう茶の効果

 

ごぼう茶には優れた抗菌作用があります。特に細菌性の咳の原因となる黄色ブドウ球菌を抑制する働きが高くなっています。これにより、風邪の原因菌を抑制するという働きを期待することができるので、症状だけではなく風邪を根本から退治することができます。

 

黄色ブドウ球菌は人の肌などに住み付いている細菌であり、普段はさほど悪さをしないのですが、風邪を引いたり、疲労、慢性病などで体力が低下していると増えて咳の原因になることがあります。よって、体力の低下を感じている場合には、ごぼう茶を利用して風邪の予防に努めるようにするといいでしょう。

 

免疫を活性化して咳の原因を改善するごぼう茶の効果

 

ごぼう茶には咳の原因となる「風邪」の予防効果を高めるという働きがあります。風邪は免疫の低下によって発生することがあります。ごぼう茶には免疫を高めるために必要な「腸内環境の改善」効果があります。

 

腸内環境の改善に必要なリグナン配糖体が豊富に含まれているというのが理由です。この働きにより、継続的にごぼう茶を摂取していると腸内環境が良好となり、体全体の免疫力を向上させて風邪の予防効果を高めることができます。

 

風邪が予防されると必然的に咳の発生も低下させることができます。また、風邪だけではなく、免疫の低下が原因で発生する喘息や各種アレルギー疾患なども予防することができると共に、各種慢性病やガンなどの予防にも繋げることができます。

 

スポンサードリンク