お試しセット送料込み600円

ごぼう茶の血液サラサラ作用が血流を活発にする

ごぼう茶で血液サラサラ

ごぼう茶には血液の流れをサラサラに改善するという働きがあります。血液の流れは健康を維持する上で非常に重要な役割を持ちます。冷え性やアレルギーを始め、ガンや脳梗塞、糖尿病なども血流の悪化によって引き起こされるとされています。

 

特に脂質異常症や糖尿病などがある方は血液の流れが悪くなっているので、積極的に血流改善を行う必要があります。

 

血小板の凝集を抑制するごぼう茶の効果

 

ごぼう茶には血液の流動性を阻害する血小板の凝集を抑制するという働きがあります。血管内にて血小板が集まってしまうと、血液の流れをせき止めてしまい、心筋梗塞や脳梗塞などの原因になること分かっています。

 

ごぼう茶にはこの血小板が集まる現象を抑制するリグナンという成分が含まれています。また、ごぼう茶には血管内にて血小板が集まる原因となる脂質の酸化や血管の傷を改善するという働きがあることから、相乗効果で全身の血流を活性化させるという効果を期待することができます。

 

血管の弾力を高めて血流を促すごぼう茶の効果

 

ごぼう茶には健全な血流を維持するために必要不可欠となる「血管の弾力」を高めるという働きがあります。血管に弾力があると血液による圧力を吸収することができるので、体全体の血液量を増やすことができますが、血管が硬化してしまうとそれが出来ないため血液量が減ります。

 

全身の血液量が減ってしまうと血液の流れも緩慢になってしまうので、特に毛細血管への血流が悪化します。ごぼう茶には血管の弾性を高める作用のあるポリフェノールやサポニンが豊富に含まれているので、継続的に摂取することにより、いつまでも健康的な血管を維持することができます。高血圧の予防にも効果的です。

 

ごぼう茶は老廃物の吸収を抑制して血液の汚れを改善する

 

ごぼう茶には血液中の老廃物を減らすという働きがあります。血液を汚してしまう成分としてあるのが脂質や糖質です。脂質は血管壁にこびりついて血液の通り道をふさいでしまい、糖質は血液をドロドロにするという性質があります。

 

ごぼう茶にはこれら血液を汚す成分が小腸より吸収されるのを抑制するという働きがあります。食事の前にごぼう茶を飲むことによってその効果を得ることができます。

 

健康診断などで中性脂肪やコレステロールが高い、血糖値が高いといわれた場合には、血液がドロドロになっていることが予想されるので、積極的に改善することが望まれます。

 

その他、血流を活発にするのに必要なこと

 

血液の流動性を低下させる要因の一つとしてバランスの悪い食事や性ホルモンの減少があります。バランスの悪い食事とは脂質や甘いものの過食があります。肉類や甘い菓子類、炭水化物の過剰摂取は避け、なるべく野菜やキノコ類、果物などを多めに摂るようにします。

 

更に性ホルモンを活性化させるようにします。男性であれば男性ホルモン、女性であれば女性ホルモンを活性化させることが血液の流動性を高めます。それぞれ性ホルモンなので恋愛をすることが活性に繋がり、更に男性は競争をすること、筋肉を増やすこと、女性は母性本能をくすぐる赤ちゃんと触れ合うこと、スキンシップをすることなどが分泌を高めます。

 

これらを意識しつつ、血管の柔軟性を高めるストレッチやヨガなどを日課とすることもおすすめです。

 

スポンサードリンク