お試しセット送料込み600円

毎日飲めば老けにくい体になる!ごぼう茶の老化防止効果

ごぼう茶

ごぼう茶には美肌などの外見はもちろん、脳や内臓などの老化防止に役立つという働きがあります。外見や内臓、脳は日々老化しており、その老化が何十年後の自分に反映されます。

 

よって、毎日の過ごし方をどのようにするかによって高齢になった時の状態が違ってきます。ごぼう茶を日々摂取していると、すぐに効果は出ませんが、何十年後の自分に大きな違いが出てきます。

ごぼう茶の老化防止効果とは

 

ごぼう茶にはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸やタンニンが豊富に含まれています。クロロゲン酸やタンニンには抗酸化作用があります。抗酸化作用とは人体の細胞を老化させる原因となる活性酸素を無毒化する働きをいいます。

 

ごぼう茶にはこの抗酸化物質が豊富に含まれているので、摂取することにより細胞の酸化を防ぐことができるので、老化防止に繋がります。特に血管の硬化させる原因となるコレステロールの酸化を防ぐという働きがあるので、全身の血流をいつまでも良好に保つことにより、全身の細胞の老化及び弱りを予防、改善することができます。

ごぼう茶は老化に伴う記憶障害を改善する

 

ごぼう茶に含まれる注目すべき成分

 

アクチゲニン

記憶障害を改善や認知症予防など、脳の老化を予防する効果が期待できます。そして、アクチゲニンはゴマに含まれているセサミンと同じリグナンという物質グループなので、セサミン同様の抗酸化作用、血圧降下作用を期待することができます。

 

その他、脳の機能を低下させる原因となる炎症を抑制する作用や、インスリンの過剰分泌を抑制する作用などがあることにより、総合的に老化に伴う記憶障害及び認知機能の低下を抑制することができます。

 

血流を活性化させて老けにくい体をサポートするごぼう茶

 

ごぼう茶には全身の血流を活性化させるという働きがあります。全身の血流が健全に行われていると老けにくい体を手に入れることができます。血液というのは栄養を供給して、老廃物を回収するという役目を担っています。

 

この働きは血管及び血液の質が低下し始める30代後半から衰え始めます。特に毛細血管はその影響を受けやすく、食生活の悪化やストレスなどによって血流が悪化すると、機能が低下して消滅してしまうという特徴を持っています。

 

当然、消滅してしまうとその周辺の細胞は老化しやすくなるのはもちろん、病気の原因にもなります。ごぼう茶を毎日摂取していると、常に血液の流れが良好に保たれるので老けにくい体を手に入れることができます。

 

ごぼう茶は不要なものを排出して老けにくい体を作る

 

ごぼう茶には老ける原因となる脂質や糖質の吸収を抑制するという働きがあるので、摂取することにより若々しい体を手に入れることができます。人間の体を老けさせる原因の一つとしてあるのが「脂質や糖質の摂りすぎ」があります。

 

脂質や糖質は「体内にて腐りやすい」という性質を持つので、摂りすぎると体内で腐り、その際に周辺の細胞も同時に変性させるという性質があります。よって、摂りすぎてしまうと確実に老化が進行します。ごぼう茶を食前に摂ることにより、食事によって入ってくる脂質や糖質の吸収が抑制されるので、老化の進行を妨げることができます。

 

また、ごぼう茶には体内に溜まった糖質や脂質の腐りを防止するという働きもあるので、相乗効果で老化を防止する効果を期待することができます。

 

スポンサードリンク