お試しセット送料込み600円

重要な臓器「腎臓」に対するごぼう茶の効果とは

ごぼう茶腎機能アップ

肝腎要という言葉がある通り、腎臓は健康を営む上で最重要の臓器とされています。

 

腎臓には血液をろ過して不要物を排泄するという働きや、尿として排泄されたものの中から体に必要な成分を再吸収する、血圧を調整する、血液を作る指令を出す、ミネラルバランスを調整する、強い骨を作るなどの重要な働きがあります。

 

ごぼう茶にはこれら重要な働きを持つ腎臓の機能を助けます。

 

ごぼう茶は血管の老化を抑制して腎臓を助ける

 

ごぼう茶には血管の老化や機能低下を抑制することによって腎臓の働きを助けています。腎臓という臓器は毛細血管が球状に絡まった構造をしています。

 

この寄り集まった毛細血管の中を血液が通過することにより、不要な成分がろ過されています。毛細血管が沢山集まっているので、高血糖や高脂肪、高血圧、高たんぱく、活性酸素など血管の機能を低下させてしまう要因が沢山あると、血管に炎症などが引き起こされて腎機能が低下してしまいます。

 

ごぼう茶には高血糖や高血圧、活性酸素などを改善するという働きがあるので、摂取することにより腎臓を守ることができます。腎臓は一度機能が低下すると二度と元には戻らないとされているので、悪くなる前から「予防」として利用するようにするといいでしょう。

 

ごぼう茶は血液の流動性を高めて腎臓を助ける

 

腎臓は細かい血管の集合体なので、血液の流動性を維持することが機能を維持することに繋がります。ごぼう茶には血液の流動性を高める作用のあるポリフェノールが豊富に含まれているので、腎臓の機能を維持するのに効果を発揮します。

 

また、ごぼう茶に含まれているリグナンには血液の流動性を低下させる要因となる「動脈硬化」も抑制する働きがあることから、相乗効果で血液の流れを良好にする効果を期待することができます。

 

抗炎症作用によって腎臓を助けるごぼう茶

 

腎臓は機能が低下や、細菌などの病原菌によって炎症が生じることがあります。炎症が起きると更に機能が低下して様々な不快症状が引き起こされるので早期に改善しなければなりません。

 

ごぼう茶には抗炎症作用のあるアクチゲニンという成分が含まれているので、腎臓に引き起こされる炎症を早期に改善することができます。

 

老廃物の排出を促し腎臓を助けるごぼう茶

 

ごぼう茶には尿と便の排出を促すという働きがあります。腎機能が弱くむくみやすい…などの症状がある方には、排尿を促して体全体の水分量を適切な量に調節してくれます。次に便通ですが、便秘は腸内環境を悪化させて血液を汚して腎臓に負担をかけます。

 

ごぼう茶には便通を促すという働きがあるので、便秘による腎臓への悪影響を低減させることができます。このように、尿や便の出をよくすることによって、体全体のデドックス効果を高めて腎臓の機能を助けます。

 

その他、腎機能維持に有効なこと

 

腎臓の機能を守るには心身の疲労を防ぐことや、脂質や糖質の摂りすぎに注意すること、ストレスを改善すること、タンパク質の摂りすぎに注意すること、濃い味付けの食事を避けること、脱水に気を付けることなどが大事になります。

 

特に心身の疲労と食事、血糖値の維持は大事になるので、日常生活にてしっかり気を付けていくことが大事になります。腎臓の機能が低下してきていると自覚している場合には、全てにおいて注意して、腎機能を低下させない生活を送るようにしなければなりません。

スポンサードリンク