ごぼう茶の痛みに対する効果・効能

頭痛、生理痛、関節痛、腹痛・・・様々な痛みがあり、どれもすぐに治って欲しいと思うのが普通です。そんなすぐに治って欲しい痛みですが、ごぼう茶で改善効果が期待できます。

 

ごぼう茶が痛みに効果的な理由

 

ごぼう茶は痛みに良い

痛みの原因は主に「炎症」「血行不良」「酸素欠乏」によって発生します。腹痛などは炎症、正座した後のしびれや痛みは酸素欠乏、座りすぎによる腰痛は血行不良と原因はほぼ3種類に分類されます。

 

ごぼう茶はこの3種類全てに効果を発揮すると期待できます。

 

ごぼう茶にはポリフェノールが豊富に含有されています。ポリフェノールには抗酸化作用があり、炎症を抑制すると共に血管を拡張させて血流を促進させて酸素欠乏を改善する効能があります。

 

更に、含有されているリグナン配糖体には清熱、抗炎症という作用があり、熱を伴う痛みに効果を発揮します。例としては歯茎の腫れや使いすぎによる関節痛、生理痛、痔、潰瘍や炎症による胃痛などにも効能があります。

 

また、含有されているサポニンには強い抗菌作用があります。この作用により風邪によるのどの痛みや悪いものを食べた時の腹痛、虫歯の痛み、皮膚感染症の痛み、膀胱炎の痛みに効果を発揮します。

 

ごぼう茶は慢性的な痛みにも良い

 

ごぼう茶は痛みに良い

ごぼう茶は慢性的な痛みの軽減にも効果を発揮すると期待できます。先ほど痛みの原因は炎症、血行不良、酸素欠乏と申し上げましたが、慢性的な痛みもこれら原因によって引き起こされます。

 

ごぼう茶にはサポニンが豊富に含まれています。サポニンには血管内部に沈着した脂肪を分解して外に排泄するという効能があります。

 

脂肪は血管内に沈着すると血流を阻害して血行不良、酸素欠乏を引き起こすほか、脂肪に免疫が反応して炎症が引き起こされることが分かっています。

 

脂肪が沈着することにより痛みの原因となる三大要素が全て引き起こされることになるので、慢性的な血管由来の痛みである頭痛、関節痛、筋肉痛などに効果を発揮します。

 

痛みがひどい場合は診察を

 

ごぼう茶などの健康食品は痛みの改善に有効ですが、万能ではありません。特に頭痛などは脳梗塞や脳出血などの前兆ということもあるので、専門の医療機関を受診して痛みの原因を特定するということをしなければなりません。

 

頭痛以外にも腹痛や関節痛、生理痛などもすぐに治療しないと手遅れになる疾患が原因となっていることもありますので、一度検査することが必要になります。

 

検査にて「特に問題がない」とされた場合は、体質にもよりますが、ごぼう茶などの健康食品にて体質改善を行うことはとても意味のあることです。

 

特に肥満傾向で脂質が血管及び内臓、皮下に沈着し、その脂質が原因で炎症や血流障害が引き起こされ痛みが生じているようなケースには積極的に活用した方がいいといえます。