お試しセット送料込み600円

ごぼう茶が適さないケース・副作用

ごぼう茶が適さないケース

ごぼう茶は確かな健康効果があります。それは古くから証明されており、特に薬効の高い種は漢方薬として使われています。

 

このように薬としての効果があるごぼうには、当然適さないケース・副作用も出てきます。効果の高いものは、適さない人が服用すると副作用も出やすいということを覚えておく必要があります。

 

ごぼう茶のよくある副作用

 

ごぼう茶の副作用

特によく見られる副作用としては下痢、頻尿、冷えがあります。

 

ごぼう茶には「灰汁」が多く含まれており、その灰汁により消化管が刺激されて便通を促すという作用があります。その作用が強く出てしまうと下痢という不快症状が発生します。

 

また、ごぼう茶には利尿作用がありますが、人によってはその作用が強く出てしまい頻尿となることがあります。特に夜眠る前に服用すると眠りを悪化させることがあるので注意する必要があります。

 

最後に冷えですが、ごぼう茶には発散作用といって体表部の血管を拡張して体内の熱を発散させるという作用があります。体内に過剰な熱の存在がある場合にはいい作用になりますが、虚弱体質で冷え性の方の場合、体が冷やされてしまい冷え性がひどくなる場合があります。

ごぼう茶が適さないケースは要注意

 

ごぼう茶の主な効果
  • 熱を外に排出する
  • 体の栄養素の取り込みを悪くする

 

この効果により体の内外の炎症を抑制したり、糖尿病予防、ダイエット効果を高めるといった効果を期待することができます。

 

しかし、これら効果は例えば皮膚炎がある、血糖値が高め、メタボリックシンドロームが気になるといった症状や体質があって初めて効果を発揮するのであって、症状がなく体質的に適さない方が摂取すると不快症状が発症することがあります。

 

特に注意が必要な方
  • 体力が低下している方
  • 高齢の方
  • すでにダイエットにて痩せてしまっている方
  • ストレスによって体が疲弊している方

 

これらの方々は体がエネルギーを求めている状態なので、しっかりと食事にて栄養を摂取しなければなりません。そのような時にごぼう茶を服用すると、必要である栄養素の吸収も阻害してしまうことから、更に体力の低下やエネルギーの不足を助長させてしまいます。

 

エネルギーや体力低下のサインはこちら
  • めまい
  • だるさや倦怠感
  • 食欲不振又は過亢進
  • 思考能力低下、やる気の低下、うつ
  • 覇気のない外見
  • すぐに疲れてしまう
  • 精力の低下
  • 疲れ目

 

これら症状が出ている場合にはごぼう茶による副作用が出やすくなりますので、飲むのを避けた方がいいでしょう。

 

その他の考えられる注意点について

 

注意点はまだあります。体質は1人1人違い、その時の体調によっても反応は違います。そして、摂取量が多すぎたため、副作用が現れる場合も考えられるため注意が必要です。

 

ごぼう茶の注意点1

 

アレルギーによる体調不良

 

ごぼうはキク科の植物なので、キク科アレルギーの方はごぼう茶に含まれている成分でアレルギーを発症する事があります。人それぞれアレルギーの原因となる物質は違い、飲んだ時の体調も大きく関わります。アレルギー体質の方の使用は注意が必要です。

ごぼう茶の注意点1

 

農薬による体調不良

 

ごぼう茶の材料となるごぼうを育てる時に、農薬が使用されているときがあります。その農薬が体調を壊す原因になる事もあるので、農薬が少ないものや、無農薬のものがおすすめです。

 

関連記事:農薬「0」の有機高原のごぼう茶はこちら

ごぼう茶の注意点1

 

傷んだごぼう茶での体調不良

 

製品として販売されているごぼう茶よりも、手作りのごぼう茶で起こりやすいので注意が必要です。製品のごぼう茶は、品質管理を考えられ販売されていますが、手作りのものは保存方法により保存期間が変わります。そして、保存状態が悪いことで傷んでしまう場合も。手作りのものは早めに飲み、残ったものは冷蔵庫で保存しましょう。

 

しかし、ごぼう茶にはたくさんの美容効果・健康効果が期待できます。様々な栄養がつまっているごぼうを、お茶として利用できるため注目されています。

 

ごぼう茶は腸内環境を整える事ができる水溶性食物繊維が含まれているので、便秘解消やダイエット効果も期待できます。そして、カリウムやマグネシウム、アミノ酸やポリフェノールなどの様々な栄養素が取り込めるため、様々な健康効果が期待できます。

 

関連記事:ごぼう茶の栄養成分・効果・効能について

ごぼう茶の好転反応は?副作用とどうちがうの?

 

好転反応は体に蓄積された老廃物が血液に取り込まれ、押し出されている時に起こると言われています。ごぼう茶でも、「下痢になった」「吹き出物が増えた」というコメントがあり、これらが好転反応と考える事もできます。

 

しかし、好転反応と副作用はとても似ているので、続けるかどうかは利用者の判断になります。ごぼうのアレルギーという事も考えられるので、体が強く反応した場合は一旦飲む事をストップするのも1つの手です。

 

通常の食事でも、体にあうものと合わないものが存在するように、ごぼう茶が体に合わない場合も考えられます。症状が続くようであれば医師の診断を受ける事をおすすめします。

 

 

副作用や体に合わない、味にクセがあって心配という方はとりあえずお試し商品で試してみることをおすすめします。


 

美容に、健康にとおすすめしたいごぼう茶ですが、味が心配という方も多いはず。おいしくないものは続けられないですよね。そこで、様々な商品の中でも、『おためし商品』があるごぼう茶を管理人が独断と偏見でランキングにしてみました。

 

価格も600円から1,000円と利用しやすいものばかりなので、気軽にお試しできます。そして、利用者の良い口コミ・悪い口コミも紹介しているので、選ぶ基準として参考にしてみて下さい。

 

ごぼう茶おすすめランキングはこちら

スポンサードリンク