ごぼう茶の皮膚トラブル改善効果・効能

ごぼう茶を煎じて飲むことにより皮膚トラブルを改善、予防することができます。ごぼうを毎日料理して食べるのは辛いと思いますが、お茶にして煎じて飲む分には手軽で毎日飲むことができます。皮膚トラブルが続くような場合には毎日継続して服用することをおすすめします。

 

ごぼう茶が皮膚トラブルに効果的な理由

 

ごぼう茶は以下の3つの働きによって皮膚トラブルに効果的だと考えられます。

 

発散作用

 

ごぼう茶は皮膚のかゆみに良い

ごぼう茶には炎症や水分の停滞を改善する効能が期待できます。

 

皮膚トラブルの原因は様々ですが、多くの場合ヒスタミンといって細胞より漏れ出す水分が皮膚に到達することによって痒みや赤みが発生し、掻くことによって更なる悪化を招きます。

 

ごぼう茶には原因となるヒスタミンの分泌を抑制するという効果と、ヒスタミンによって生じる炎症や痒みを抑制するというダブルの効果があることにより効果を発揮します。

 

抗菌作用

 

ごぼう茶には強い抗菌作用があり、皮膚炎を引き起こす原因となる黄色ブドウ球菌や皮膚糸状菌などに対して抑制作用があることが明らかになっています。このような効能を期待して外傷などにも用いられています。

 

腸内環境改善作用

 

腸内環境が悪い人

腸内環境が悪化していると毒性物質が血液中に増え、免疫が低下してビタミンなどの皮膚の状態を保つ栄養素が不足するなどにより、皮膚トラブルが増える原因になります。

 

ごぼう茶には水溶性食物繊維が豊富に含まれており、腸内の不要物を吸着して外に排出するという作用が強くなることから、継続して摂取すると腸内環境を良好に維持できます。

 

以上のような効能により、皮膚トラブルを予防、改善に導くことができます。ごぼう茶には皮膚のトラブルだけではなく、胃腸や膵臓の炎症を抑制するという研究発表もあり、更なる健康効果が期待されています。

 

体力の低下による皮膚トラブルには適さない

 

ごぼう茶は「余計なものを体外に排出する」という効能が強いことから、体力が低下して皮膚トラブルが引き起こされている場合には適しません。ダイエットによる肌のかさつきや、老化による肌の乾燥など体力の低下による場合には用いてはなりません。