お試しセット送料込み600円

記億が蘇る!ごぼう茶の記憶力改善効果

ごぼう茶で記憶力アップ

記憶が蘇る!といったらちょっと大げさですが、ごぼう茶には記憶力を改善するという効果があることが分かっています。常に高い記憶力を必要とする受験生や高いスキルを求められるサラリーマンなどは、ごぼう茶を利用してパフォーマンスを高めてみては如何でしょうか。

 

ごぼう茶には脳の記憶障害を改善するという働きがあることが分かっていることから、摂取することにより記憶力を改善することができます。

 

ごぼう茶は脳の記憶障害を改善する

 

ごぼう茶には脳の記憶障害を改善する働きのあるアクチゲニンという成分が豊富に含まれています。アクチゲニンは記憶障害を引き起こす酵素「アセチルコリンエステラーゼ」を抑制する働きがあることが分かっています。

 

アクチゲニンには脳細胞が減少する原因となる炎症も抑制する働きがあることから、相乗効果で脳の機能維持に効果を発揮してくれます。

 

ごぼう茶は脳の機能を低下させる血糖値を調整する

 

ごぼう茶で記憶力アップ

脳にとって一番の脅威は糖尿病です。ごぼう茶にはこの糖尿病を改善するという働きがあります。糖尿病になると糖が細胞に取り込まれる際に必要になるインスリンの分泌が不足します。

 

当然、脳の細胞も糖という栄養素を取り込むことができなくなるので、機能が低下してしまい記憶力も下がってしまいます。更に、高血糖が続くと脳の血管が硬化して血流が悪化すること、高血糖による脳細胞の傷害などにより更に脳の機能を低下させてしまいます。

 

このような症状をもたらす糖尿病をごぼう茶は改善するという働きがあります。食事の前に飲用することにより、糖の吸収を遅らせることができます。

 

ごぼう茶の持つ抗酸化作用が脳を守る

 

脳の70%は脂肪で出来ています。脂肪は酸化しやすく、ストレスなどによって発生する活性酸素によって酸化されてしまいます。当然酸化されると脳細胞に悪影響を及ぼしてしまうので、脳全体に悪影響が及び記憶力が低下してしまいます。

 

ごぼう茶にはこの脳細胞に悪影響を与える活性酸素を無毒化する働きのある、ポリフェノールを豊富に含んでいるという特徴があります。これによって、ごぼう茶を飲用していると脳を傷害する活性酸素の量を減らすことができるので、常に脳をいい状態に維持することができます。

 

また、抗酸化作用は脳の血管の硬化を抑制するという働きもあるので、相乗効果で脳の機能維持に役立ちます。

 

ごぼう茶の免疫向上効果が脳細胞を守る

 

ごぼう茶には免疫を高めるという働きがあり、その効果が脳細胞を守ります。免疫が低下してしまうと、脳細胞に侵入する病原菌が多くなります。病原菌が増えると免疫によって炎症が引き起こされ、その炎症によって脳細胞が傷害されて記憶力低下に繋がります。

 

ごぼう茶には腸内環境を改善して免疫を高める効果や、直接NK細胞に働きかけて免疫を活性化させるという働きがあることにより全身の免疫を向上させて、脳に侵入する病原菌の数を減らします。

 

スポンサードリンク