ごぼう茶のダイエット効果・効能について

ごぼう茶にはダイエット効果があります。どのような形でダイエット効果を発揮するのかというと、ごぼう茶には「体内にある余計なものを体外へ排出する」という働きが強いという効能があるからというのが答えです。

 

ごぼう茶に含まれるダイエットに役立つ成分

 

ごぼう茶にはリグナン配糖体という成分が含まれています。リグナン配糖体には便通を改善する効果や尿量を増やす、体内の炎症や毒素を抑制するという効能があります。体内に溜まっている「余計なもの」を体外に排出することにより痩せやすい体を手に入れることができます。

 

ごぼう茶で腸内環境正常化

更に、水溶性食物繊維が豊富に含有されています。不溶性食物繊維と比べ血糖値の上昇抑制、脂肪分吸収抑制、血圧上昇抑制といった効果を期待することができるので、ダイエット効果をより高めることができます。

 

食物繊維にはダイエット効果の他にも腸内環境を良好に保つという効果があります。

 

腸内環境が良好だと、体に不要な毒性物質の分解排泄やビタミンなどの合成が積極的に行われるようになるので、全身の代謝が高まり更なるダイエット効果が期待できることや、内臓やお肌の状態を良好に保つことにも繋がります。

 

ごぼう茶を飲むタイミング

 

ごぼう茶を飲む人

ごぼう茶を飲むタイミングですが、目的によって摂取のタイミングが異なります。

 

まず、ダイエットで体重を減らしたいのであれば食後すぐに服用するようにします。食後すぐに服用することにより、食事で摂取した栄養素の吸収を穏やかにしてくれます。

 

栄養の吸収が穏やかになるとインスリンの分泌も穏やかになり脂肪の沈着を抑制することに繋がります。また、食事にて入ってきた脂肪や糖質などの吸収をある程度阻害することができるので、ダイエット効果を高めることができます。

 

次に、老廃物を排泄することによってダイエット効果を高めたい場合には、朝起きてすぐと寝る前に摂取するようにします。この時間帯に摂取することにより、午前中の排便と利尿の効能が高まります。

 

便秘やむくみがあると全身の血流を悪化させて代謝が低下する原因になります。代謝が低下すると肥満に繋がることになるので注意しなければなりません。

 

一つ注意点として、ごぼう茶を眠る前に飲むと寝ている時に何度も尿意をもよおしてしまうことがあります。このような不快症状を感じた場合には、眠る1〜2時間前に摂取するようにします。