お試しセット送料込み600円

ごぼう茶の美肌効果・効能

ごぼう茶にはコレステロールの吸収を抑制したり、肌の炎症や肌トラブルを抑制することにより美肌を促進するという効能が期待できます。特に現代は動物性脂質の摂りすぎによる肌荒れを訴える方が多くなっており、ごぼう茶の美肌効果に注目が集まっています。

 

ごぼう茶を美肌効果としておすすめしたいタイプの方

 

ごぼう茶で美肌効果を実感

便通を促し腸内環境を正常に保つ働きがあることから、腸内環境悪化による肌トラブルにも効果が期待できます。

 

ストレスや日焼けによって肌の状態が芳しくないという場合に特におすすめです。夏場や季節の変わり目など、酸化ストレスによって肌の老化が進んでしまうため、酸化を抑制する働きの高いごぼう茶を利用しましょう。

 

さらに、生理前に吹き出物や、肌荒れが気になるという方も多いはず。これは、腸の蠕動運動を弱めるプロゲステロンが分泌される事が原因です。水分も溜め込みやすくなり、気持ちもイライラしがちな時期。こんな時にもごぼう茶はおすすめです。

 

水溶性食物繊維が便秘になりやすい腸をサポートし、ごぼう茶に含まれるカリウムが水分排出を促します。さらに、PMSを悪化させてしまうというカフェインも含まれてないので安心のカフェインレス。温かくしてリラックスタイムとして利用するのもおすすめです。

 

生理前の時期は体はとても敏感です。ごぼう茶が体に合わない方もいます。副作用が心配な方はこちら

ごぼう茶が適さないケース・副作用・注意点を確認

ごぼう茶に含まれる美肌効果を発揮する成分

 

ごぼう茶には様々な成分が含まれている中で、美肌効果の発揮が期待できる成分も存在しています。お肌の調子が気になる女性は特に注目したい成分ばかりです。

 

ポイント1

 

水溶性食物繊維

 

ごぼう茶で美肌効果を実感

ごぼう茶には水溶性食物繊維が豊富に含まれています。水溶性食物繊維は食事によって口から入ってきた糖質や脂質といった栄養素の吸収を穏やかにするという効能があります。

 

糖質や脂質は必要不可欠な栄養素ですが、摂りすぎると血流を悪化させたり、皮脂の分泌を増やすなどの作用が強くなり、皮膚トラブルを引き起こす原因になります。

 

特に欧米食をしている場合には脂質や糖質が多くなる傾向になるので、ごぼう茶を摂取することにより美肌維持に繋がると考えられます。

 

イヌリン

水溶性食物繊維の一種であるイヌリンは、腸内で分解されオリゴ糖に。オリゴ糖は腸内細菌のエサとなり腸内環境を整えます。便秘の時に肌トラブルが起こりやすいように、腸と肌は密接な関係があります。イヌリンは腸の老廃物を出しやすくし、腸内環境を整えることで美肌へと導きます。

 

ポイント2

 

抗酸化物質

 

ごぼうの皮にはポリフェノールの一種であるサポニン、タンニン、クロロゲン酸が豊富に含まれています。ポリフェノールには細胞の酸化を抑制する効果があり、継続的に摂取することにより日々さらされている酸化という老化現象から身を守ることができる効能があります。

 

酸化はストレスや日焼け、古い脂質などの摂取によって発生し、肌及び内臓の細胞を老化させます。肌は老化するとシミやシワ、カサつきはもちろん、湿疹やニキビなど様々な症状を引き起こします。ごぼう茶にはこれら症状を改善する効能を持ちます。

 

クロロゲン酸

ポリフェノールの一種で、コーヒーにもふくまれているクロロゲン酸は、シミの原因であるメラニンが皮膚に沈着することを防ぐと言われ、アンチエイジング効果が期待できます。

スポンサードリンク