お試しセット送料込み600円

辛い鼻炎や目のかゆみを改善!ごぼう茶のアレルギーに対する作用

ごぼう茶でアレルギー改善

花粉症などによって引き起こされる鼻炎や目の痒みに対して、ごぼう茶が改善効果を発揮します。主にごぼう茶の持つ炎症抑制作用や水分代謝改善作用、血流改善作用などの働きによります。

 

利用することにより速やかに効果を感じられる場合もありますが、多くの場合、2〜3か月間服用を続けて体質が改善されることによって効果を得ることができます。よって、花粉が飛散する3か月前から利用するようにしなければなりません。

 

ごぼう茶の抗炎症作用が症状を改善する

 

ごぼう茶には炎症を抑制する働きや、炎症が悪化するのを抑制する働きなどがあります。これらの効果はごぼう茶に含まれるアクチゲニンにはアレルギー反応によって分泌される炎症関連物質の分泌を抑制するという働きがあります。

 

この働きにより花粉などのアレルゲンによる鼻炎や目の痒みを改善します。更に、アレルゲンによって炎症が引き起こされると、その炎症が活性酸素を発生させて更に症状を悪化させるのですが、ごぼう茶にはこの活性酸素を無毒化するという働きがあるので、症状が更に悪化するのを防ぐことができます。

 

ごぼう茶は水分代謝を改善して症状を緩和させる

 

アレルギー反応は細胞からヒスタミンという刺激物質の分泌を高めて痒みや違和感などを引き起こします。ごぼう茶にはこのヒスタミンの分泌を抑制するという働きがあります。ごぼう茶には細胞単位の水分代謝及び、利尿効果を高めて全身的な水分代謝を活性化させるという働きがあります。

 

この働きにより、アレルギー反応によって分泌されるヒスタミンの量が減るので、痒みや違和感などの不快症状を低減させることができます。

 

ごぼう茶は血流改善作用によって不快症状を緩和させる

 

アレルギー反応が引き起こされると、患部に充血が生じることが多く、その充血によって鼻づまりや目の腫れ、息苦しさなどの不快症状が生じることがあります。ごぼう茶はこの患部の充血を改善して不快症状を取り除くという働きがあります。

 

充血を改善するのはごぼう茶の持つ「血流改善作用」です。含有されているポリフェノールやサポニンには血流を改善する働きがあることから、アレルギーによって生じる血流悪化による不快症状を改善します。

 

横になると鼻がつまる、朝になると目の周囲が腫れているなどの症状は血流悪化が原因なので、ごぼう茶などで積極的に血流改善することが症状の緩和に繋がります。

 

その他、アレルギー症状緩和に役立つこと

 

アレルギーの緩和には体力及び免疫力を向上させることが大事になります。体力及び免疫は運動や腸内環境の改善、不潔なものへの適度な暴露、十分な休息などが大事になります。運動は体力や免疫を高めるのに有効です。

 

毎日やりすぎない程度の運動を習慣にすることが大事になります。腸内環境の改善は免疫の向上に必要不可欠です。食事のバランスや量に気を付けながら、納豆やヨーグルト、食物繊維など善玉菌を増やす食材を取り入れるようにします。

 

不潔なものへと適度な暴露としては屋外でのガーデニングやペットとの触れ合いなどが有効です。不潔なものに適度に触れ合うことにより、免疫細胞が活性化されます。最後に十分な休息です。

 

心身が疲れていると体力及び免疫が低下してしまうので、翌日に疲れを残さないように十分な休息を取るように心がけます。

 

スポンサードリンク